• 汎用ボールフィーダー

    セットアップ時

  • ボールツール

    ボール部

  • ボールベース

    振動体

1台の振動体と品種ごとにボール部を製作し、ボール部が簡単に品種替えができる構造となっており、多品種の整列供給が実現できます。


ボール部が簡単に品種替え可能



  1. ボール交換作業が簡単にできます。

  2. ボール交換時の位置再現性に優れています。

  3. ボール交換時に一切の工具を使用しません。

  4. ボール内へエアーブロー・センサーの取付が可能です。

  5. 間違えて品種の違うボールを交換された時、電気的に異常表示します。

  6. 品種替え時、ボールを交換してもコントローラーボリュームの調整はいりません。

  7. 各部が調整されており、ボールの製作のみで新規ワークの立ち上げが可能です。

型式 ワーク寸法最大径基本ボール径付属品
KSV-36cc(20mm/辺)φ320〜φ380φ220〜φ260電気通信用プローブ
エアー供給用カプラ付
KSV-48cc(30mm/辺)φ450〜φ480φ300〜φ320
KSV-518cc(50mm/辺)φ650〜φ700φ380〜φ420
KSV-635cc(60mm/辺)φ750〜φ850φ450〜φ500
KSV-850cc(80mm/辺)φ900〜φ950φ600〜φ650
その他の製作実績